最近はいろんな形の小説発表機会ってありますよね。

まどかも小説の発表媒体としては、
WEB媒体ならPixiv小説家になろう、あたりをここ数年利用させてもらっています。
それから数年続けている活動としては、同人即売会で紙の同人誌を頒布すること。
つい先日もGW中にコミティアに参加してきました!

でまあ今日のお題というのは、
『あたらしい読み物プロジェクト STORIE』という面白いサイトです。
実はまどかも先日βテストのご招待を受けたので、
こちらに連載作品を掲載する事になりましたー。
ストリエさんを検索してまわっておられたら、そのうちまどかの作品に出合えるかもしれませんw

実はこのSTORIEもそうなのですが、
最近はいかにスマホでライトノベル含む小説を読みやすくするかというのが、
小説作者にとっても大きな課題になっているみたいです。

例えばキャラクターがふきだしを使ってしゃべる。
それはもちろんマンガちっくに会話する事で、テンポを上げて読みやすくするという、
そういう意図もあると思います。

こういうものが同時多発的に複数の開発会社からリリースされるという事は、
それだけ需要があるって事なんでしょうか。

小説のありかたに囚われてしまっているところのあるまどかとしては、
嬉しいような悲しいような複雑な気分です。

けれどそれは、
電子書籍という形だからこそ、色々と模索出来るものなんでしょうね!